肝斑治療を考えた時に

subpage1

若い時とは違う、頬に広がるシミのようなクスミを感じたことはありませんか。

それは肝斑の可能性があります。


主に女性ホルモンが影響する顔に出来るシミの一種で、一般的には30代後半以降の中年女性に発生します。



両方の頬にほぼ左右対称に薄茶色のクスミが広範囲で出来ていたら、肝斑治療を考えた方が良いかもしれません。
では、実際に肝斑治療を考えた時、どのようなことをしたら良いのでしょう。

肝斑と、紫外線の影響で出来る一般的なシミは違います。よく両者を同じものと勘違いしてしまい、シミに効く美容液をつけて肝斑治療を自分でしている人がいますが、それは効果がありません。



美白系の美容液は肝斑には効かないのです。

肝斑治療をもし自分で行いたいのならば、肝斑に効く錠剤を薬局やドラッグストアで購入しましょう。


数年前から肝斑治療薬は医者に行かなくても自分で購入出来るようになりました。ただ、このタイプの薬は副作用がある可能性がある、と言われています。

薬局やドラッグストアで薬剤師と話す時に副作用を引き起こす可能性がある自分の体調や持病をきちんと話し、服用しても大丈夫かどうかきちんと確かめましょう。

しかし一番安心なのは、やはり一般皮膚科や美容皮膚科での治療です。
専門の医師の診断を受け、そして適切な処置や薬を処方してもらうのが、ただ薬局で治療薬を買うよりも金額はかかってしまうかもしれませんが、安心していられる治療方法と言えるでしょう。