脂肪溶解注射でナチュラル減量

subpage1

脂肪溶解注射は体にメスを入れたりせず、自然なペースで脂肪を減少させる新しいダイエット法です。


脂肪溶解注射に使用されているのは大豆由来のダイエット成分で、脂肪が気になる部分に注射で注入すると、脂肪細胞を溶かす作用があります。
溶けた脂肪細胞は老廃物と一緒に体の外に排出され、一度溶けた脂肪細胞は再生することがありませんので、長期的なダイエット効果が期待できます。脂肪溶解注射最大の利点は、脂肪吸引のように体に器具を挿入したりする必要がなく、体への負担が非常に少ないという点です。

施術は注射を打つだけのシンプルなものですので、時間としてはわずか数分程度で終了します。



大豆アレルギーがあるという人以外は薬液が体に悪影響をおよぼすことはまったくなく、時間が経過すれば完全に体内で吸収されて残存の危険性もありませんので、安全性は非常に高いと言えます。

効果の方は即効性があるというものではなく、数回施術を行ううちに少しずつ現れます。



薬液が体内に完全に吸収されるまでには3〜4週間を要しますので、3〜4週間に1回の頻度で計6回前後の施術をワンセットとして行うことが多いです。
脂肪吸引のように一気に脂肪が除去され見た目に大きな変化が出るということはまれですが、根気強く施術を続ければ自然にワンサイズダウンすることが可能です。

楽して痩せたいけど施術が周りの人にバレるのが嫌だという人でも、安心して受けられるダイエット法ではないでしょうか。